一体何だこの惑星は…

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤマハ ルネッサ びふぉーあふたー

<<   作成日時 : 2016/10/05 18:07  

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 買ってからもう20年くらいが経過した。
 不人気車でるのだが、貧乏人の俺には最高の友達。
 そのカスタムをまたまた進めている。
 街で出会った、署の駐車場から出て来る大型バイクを見てからカスタムしたくなっていたのだ。
 
 その箇所はリア周り。
 ルネッサのリア周りは本当にクールじゃない。
 その街のバイクを目撃して、やりたくなったのは、今まで躊躇していたシートカウルを取り外してのカスタム。
 外すとスッキリするんだろうなと思っていたのだが、何故かやる勇気が出なかった。
 それを思い切ってやった。
 すると中々良いではないか。
 ついでにウインカー、テールランプ、ナンバー取り付けフレームをオークションで追加購入し、グラインダーで不要な部分をカット。
 上下を入れ替えて取り付けた。
 すると、何と言う事でしょう。
 今のリアが飛び跳ねたバイクになってしまったじゃありませんか。
 よく見るとシートの後ろ部分の、斜め上になっている角度と、フレームの角度が揃っている。
 これは予期せぬ偶然のシンクロニティ。
 最初はこのデザインだったのではないかと疑ってしまうくらいしっくり来る。
画像

 テールランプ&ナンバーステーは新たに購入。
 テールランプはフレームにかぶって視認性が悪いので、LEDの直線型ラバーテールランプをフレームに取り付けた。
 ウインカーも購入しなければならなかった。
 使っていた小さなウインカーのケーブルがぶち切れたからである。
 最初に買ったアルミ筐体のウインカーはでか過ぎてバランスが悪いので却下。
 結局、プラスティック筐体の小さな物に落ち着いた。
 
画像

 テールランプ共用のナンバーステーは、ランプ類フレームと共締めなので、角度が垂直に近い。
 これでは外観がいまいちだ。
 そこで角度調整ができるナンバーステーを買ったのだが、何と角度を変える為にステー取り付け部分と、ナンバー板取り付け部分の隙間が50ミリもある。
 これでは外観は最悪だ。
 もっと簡素に角度調整できないか。

 探しまくった。
 すると出て来た。
 それがトルクヒンジと言う物だ。
 HGTS07
 無段階で任意の角度で固定する事が出来る物である。
 これだったら目立たず、スイングアームを換装して、バンプしてもナンバーに接触することはないだろう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無料アクセス解析

マイリンク

ヤマハ ルネッサ びふぉーあふたー 一体何だこの惑星は…/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる